高血圧は減塩!

高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!!
TOP PAGE > 高血圧の中でも慢性高血圧に関しては、

高血圧の中でも慢性高血圧に関しては、腎機

高血圧の中でも慢性高血圧に関しては、腎機能の改善が望めず、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)ジュースは、野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)や果物を濃縮した状態になっているので、生のままの野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)や果物と比較すると多量のカリウムが含まれています。

もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、いつも野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。

高血圧に罹患した方の増加が、近年問題になっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を造るはたらきをしたり、私たちの体のために重要な役割を担っています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。

高血圧が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全へと推移します。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。

先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になるでしょう。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになるでしょう。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で調べてみると良いでしょう。

栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関する具体的に応用したご飯を造ることも可能です。

開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。

食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。

腎臓の機能は一度失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になるでしょう。

進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

もし、末期の腎不全になっ立としても、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした最良の治療が望まれます。

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が無数に存在するのです。

腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素といったものを尿とともに体外へ排出します。

体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球を作り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。

高血圧治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、高血圧の進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧治療を容易にして、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。

高血圧ステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。

高血圧は遺伝性の腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になるでしょう。それでも、これら高血圧と呼ばれるものには無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。例えば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先して下さい。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!! All rights reserved.