高血圧は減塩!

高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!!
TOP PAGE > 腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり

腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり

腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで心身共に活力溢れた毎日を過ごすことができます。

けれども、ある高血圧に関しては自覚症状が出ないものもあるため、常日頃の健康管理が大事なのです。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。高血圧の治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、前むきにこれらの管理を行うことで高血圧の悪化を抑制できます。そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値は高血圧ステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。

食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。

腎臓は働きが弱くなると病状が進んでいわゆる腎不全と言われる病態に移ります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

急性腎不全においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。一日のご飯の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。

尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事なのです。

腎臓の機能は一度失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。

しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、これまでの透析療法や移植とは別にそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした最新の治療が期待できます。

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの我々の体にとって大事な働きをしているのです。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

たとえば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。

栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関する具体的に応用したご飯を作ることも可能です。

仮に開業医さんにご飯指導を受け付けてもらえなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

高血圧の中でも慢性高血圧に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や果物と比べて多量のカリウムがふくまれているのです。

そういったわけもふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!! All rights reserved.