高血圧は減塩!

高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!!
TOP PAGE > 腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込

腎臓の機能に病的なサインが顕れた

腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)に進行する確率が高くなります。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅延も見込めます。

また、末期腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種様々な治療法も増えているので、患者自身の希望に沿った治療を見つけることが可能なのです。

高血圧の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能なのです。ところが、高血圧の中にはすごく進行するまで自己判断が難しいものもあるので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。尿に違和感があった際には、医療機関を受診しましょう。高血圧のうち慢性高血圧については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。

濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。

沿ういった所以もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で自分なりのアイデアを取り入れる事も可能です。

もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ちょうど腰(筋トレやストレッチをすると、痛めないですむでしょう)辺りの左右に一個ずつです。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、あるいは、赤血球をつくるホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど必要不可欠な働きをしています。

高血圧が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)といわれる状態になります。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)と、逆に長期にかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)があります。急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)においては、的確な治療と病状悪化の元を探り除去することにより、本来の腎機能を取り戻す可能性があるでしょう。後に挙げた慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)では、腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)の進行と供に腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。

食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。

食材の味を楽し向ことができます。

たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。

近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球をつくる働きをしたり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切です。

薬物療法とご飯療法が高血圧治療の要となり、高血圧の進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大事です。

ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値は高血圧ステージ3に対して推奨されたものですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。

摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!! All rights reserved.