高血圧は減塩!

高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!!
TOP PAGE > 腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復することがな

腎臓の機能に異常が顕れた時は、回

腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になるでしょう。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能の低下を防いだり、なるべく現状を保つことも期待できます。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の現状に照らし合わせた治療を選ぶことが期待できます。

高血圧は遺伝性の腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康的な生活を維持することが可能になるでしょう。

それでも、これら高血圧といわれるものには無自覚なものもあるために、予防が中々難しいのも現実です。例えば、いつもとはちがう尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。

もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが無数に存在するのです。

この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿と伴に排泄します。

その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。

高血圧の治療において薬物治療とご飯療法は重要で、これらの積極的な管理が高血圧の進行を抑制します。

そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

高血圧ステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。

高血圧の中でも慢性高血圧に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。

一般的な野菜(不足がちだといわれていますね。

でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や果物とくらべてそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、いつも野菜(不足がちだといわれていますね。

でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。

適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。食材の味を楽し向ことができます。

たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して下さい。高血圧が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。

腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。

急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決することにより、腎臓の機能回復が期待できます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴に回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となるでしょうから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。

摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることにより、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

近頃、高血圧の方が増えていることが問題となっています。

尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 高血圧は食事宅配サービスでしっかり減塩!! All rights reserved.